#出産育児一時金の関連記事(3件)

基礎知識

妊娠・出産に備える医療保険を徹底解説

妊娠中から出産まで、女性の体にはさまざまな変化とリスクが訪れます。妊婦健診や出産時の入院にかかる費用には公的な補助がありますが、切迫流産や切迫早産、帝王切開などにかかるお金は、通常の医療費と同様、3割の自己負担となり、高額な治療費が必要になる可能性もあります。そうした事態に備えて準備しておきたいのが医療保険です。今回は、妊娠中に入れる医療保険について、見ていきましょう。

基礎知識

出産育児一時金の受取条件と申請方法を解説!転職しても手続きできる?

子どもが生まれた時には出産育児一時金を受け取ることができます。出産育児一時金とは、被保険者及び被扶養者が出産した時に、「協会けんぽ」へ申請すると支給されるものです。被保険者本人が利用すると「出産育児一時金」と呼び、被扶養者が利用すると「家族出産育児一時金」と呼びます。出産育児一時金では赤ちゃん1人につき42万円が支給されます。健康保険においては、妊娠85日(12週)以後の早産・死産・流産・人工妊娠中絶(経済的理由も含む)を出産と定義しています。また、正常な出産や経済的理由で行われる人工妊娠中絶は、健康保険による診療(療養の給付)においては対象外ですが、出産育児一時金の対象です。また、妊娠0週〜21週6日に胎児が出てしまうことを流産、22週〜36週6日の出産を早産、37週〜41週6日までの出産を正期産と言います。

基礎知識

妊娠・出産での保険加入は必要?妊娠・出産時でのかしこい保険選び方

妊娠された方にとって、赤ちゃんと出会えることはとても待ち遠しいことです。しかし、赤ちゃんと出会える楽しみだけでなく、初めて経験することばかりで不安を抱いている人もいるでしょう。 なかでも妊娠・出産に対する代表的な不安要素として、お金に関することが挙げられます。この記事では、妊娠・出産に必要な費用をはじめ、公的な保証精度、妊娠保険や出産保険について詳しく解説します。

保険市場オンライン保険相談

相談無料!

お客さま満足度

97.9%

オンライン保険相談

保険市場オンライン保険相談
相談無料!お客さま満足度 97.9% オンライン保険相談
保険市場オンライン保険相談

相談無料!お客さま満足度 97.9%