医療保険ガイド 医療保険の基礎知識

付加給付(付加給付制度)とは?仕組みや金額、注意点を医療保険の加入前に確認しよう

最終更新日:2020/11/12

健康保険組合で一か月間の医療費の自己負担限度額を決めておき、限度額を超えた費用は払い戻す制度を付加給付制度といいます。付加給付の仕組みや計算方法、支給方法について解説していきます。

そもそも、医療費の仕組みはどうなっている?

付加給付について解説する前に、そもそも病気や怪我で医療機関にかかった際に医療費がどのような仕組みで決まるのかを改めて理解しておきましょう。

医療費の支払いの仕組み
医療費の支払いの仕組み

医療機関に見てもらった際には、医師が診療した項目について診療詳細明細書(レセプト)を記します。
それをベースに受けた治療や項目について国の健康保険に加入している方は自己負担分として3割を支払い、残りの7割は加入している健康保険組合が負担します。
診療詳細明細書が医療機関から支払基金に請求がなされて、健康保険組合が支払う流れになっています。

高額療養費で自己負担額はさらに下げられる可能性がある

仮に診療した項目が増えた場合には……?健康保険組合では高額療養費制度が設定されています。
現役世代の医療費自己負担割合は3割と決まっていますが、収入を超える金額以上に自己負担額が増えると生活が困窮していまいます。

そこで、高額療養費制度によって、月収28~50万円程度の方の自己負担額は月額8万円程度になっています。
一旦、自己負担分は医療機関の窓口で支払いをしなければいけないのですが、限度額を超えた分は健康保険組合から後日、被保険者に支払いがなされます。

高額療養費制度の仕組み
高額療養費制度の仕組み

高額療養費制度の対象は医療費なので、入院中の食事代や日用品の購入費などは対象外となっています。
高額医療費は同一世帯で3か月以上高額医療費に該当した場合は4か月目からさらに引き下げされます。
また、高額医療費の算定は1人ごとで外来や入院別などそれぞれ病院ごとで行われます。

高額療養費制度(高額医療費支給制度)とは?申請方法や計算方法、注意点を徹底解説

付加給付(付加給付制度)とは?

付加給付制度は健康保険組合で一か月間の医療費の自己負担限度額を決めておき、限度額を超えた費用は払い戻す制度です。
大手の企業が加入している健康保険組合に限られた制度で、協会けんぽと呼ばれる全国健康保険協会や自営業の方が加入している国民健康保険にはありませんので注意が必要です。

付加給付(付加給付制度)の仕組み
付加給付(付加給付制度)の仕組み

医療費の7割は法定給付があるなかで、3割の自己負担額がありますが、高額医療費制度による払戻し以外に、付加給付による払戻しをしてくれるイメージです。
健康保険組合によっては付加給付という名称でないこともあるので、自身が加入している会社の健康保険組合の内容をしっかりと確認しましょう。

付加給付金の計算方法

付加給付がある場合、どの程度自己負担額は安くなるのでしょうか?

付加給付金の計算方法
付加給付金の計算方法

付加給付金の計算方法について、高額療養費制度が適用されるケースなどを細かく見ていきましょう。

高額療養費制度が適用される場合の自己負担額

例えば、一か月間の医療費が30万円かかった場合でご本人の月収が28万~50万円以内の場合。

高額療養費制度が適用される場合の自己負担額
高額療養費制度が適用される場合の自己負担額

高額医療費の字負担額は8万7430円なので高額医療費制度で21万2570円分はまかなわれます。

付加給付金がもらえる場合の自己負担額

さらに、付加給付金ももらえる場合には、最終的な自己負担額は2万円程度になります。

付加給付金がもらえる場合の自己負担額
付加給付金がもらえる場合の自己負担額

付加給付の基準額や計算の内容などは、医療機関から健康保険組合に送られる診療詳細明細書(レセプト)に詳しく記載されています。

付加給付金の支給方法

付加給付の支給方法。実際の給付額は診療詳細明細書(レセプト)を元に決まり、医療機関を受診したおよそ3ヶ月後に給与に反映して支給されます。
個人の銀行口座に振り込まれる場合もありますし、受診月の約3か月後の25日に登録されている銀行口座に振り込まれるケースもあります。この点は健康保険組合によっても変わるので確認をしましょう。

医療保険を選ぶ際の注意点

民間の医療保険に加入する際には、加入中の健康保険組合に付加給付制度があるかを確認しましょう。

付加給付があれば高額医療費制度以外にも給付が受けられるので病気や怪我で医療費がかさんだ場合にも自己負担額は少なくて済みます。
付加給付がある健康保険組合に加入している方には大きなメリットになるので、個人で加入する民間の医療保険の保障を少し薄くしても大丈夫かもしれません。

しかし、付加給付がない健康保険組合に加入している方や、自営業で国民健康保険に加入している方には付加給付はありませんので、医療保険でしっかりと備えをしておくことが求められます。

医療保険とは?生命保険との違いは?種類とポイントを徹底解説
医療保険って必要?それとも不要?みんなの加入率は?

まとめ

付加給付がある健康保険組合に加入していると、病気や怪我で医療費がかさんだ場合にも高額医療費制度に加えて付加給付を受けることができます。
付加給付がない健康保険組合に加入している方は自身で民間の医療保険に加入することによってリスクを軽減できますので、自身にピッタリな医療保険を見つけましょう。

新着記事
 生命保険ガイド 生命保険の契約・手続き
生命保険の受取人とは?どのように決めるべき?保険金受取時の税金にも注意! 生命保険の受取人とは?どのように決めるべき?保険金受取時の税金にも注意!
生命保険では保険を契約する契約者と、保険をかけられる被保険者、そして保険金を受け取る受取人を指定する必要があります。保険の受取人に指定できる方には範囲があり、誰でも指定できるわけはありません。生命保険の受取人にはどのような人を指定できるのか。変更方法や注意点などについて詳しく解説していきます。
2020/11/22
 生命保険ガイド 生命保険の基礎知識
遺族年金とは?もらえる金額はいくらくらい?計算方法や手続き方法は? 遺族年金とは?もらえる金額はいくらくらい?計算方法や手続き方法は?
万が一、病気や事故でなくなってしまった場合、残された家族の生活を支える仕組みとして公的な年金として遺族年金という仕組みがあります。遺族年金には遺族基礎年金や遺族厚生年金など亡くなった方が加入していた年金に応じて種類があり、受給金額も変わってきます。遺族年金の仕組みや気になるポイントを解説していきます。
2020/11/22
 医療保険ガイド 医療保険の選び方
医療保険の保険期間と払込期間とは?目的にあわせて正しく設定するポイントとは? 医療保険の保険期間と払込期間とは?目的にあわせて正しく設定するポイントとは?
医療保険には保険期間と保険料の払込期間という2つの時間軸があります。保険期間は保障を受けられる期間で、保険料の払込期間は加入から保険料を支払う期間です。得たい保障を考えるときには、この保険期間と保険料払込期間をどうするのかがポイントになります。また保険期間と保険料の払込期間が決まれば、おのずと自身に合った保険も見えてきます。
2020/11/13
 医療保険ガイド 医療保険の基礎知識
入院費用の相場・平均は?自己負担額はいくらくらい? 入院費用の相場・平均は?自己負担額はいくらくらい?
病気や怪我で入院してしまった時にはどれぐらい費用がかかるものでしょうか。もしも病気や怪我で入院した場合には保険で備えておくと安心です。一般的な入院費用の相場と、入院にまつわる費用について、公的医療保険制度も踏まえながら解説していきます。
2020/11/13
 医療保険ガイド 医療保険の基礎知識
差額ベッド代とは?医療費控除の対象になる?入院費を安く抑えるポイントは? 差額ベッド代とは?医療費控除の対象になる?入院費を安く抑えるポイントは?
日本には公的な医療保険制度があるので主な医療費は現役世代ならば3割負担ですみます。しかし、病気や怪我で入院したときに個室を希望したときなどには差額ベッド代が発生して自己負担になります。差額ベッド代とはどんな費用なのか。支払わなくてもよいケースについてや、差額ベッド代の相場などについて解説します。
2020/11/13
 生命保険ガイド 生命保険の契約・手続き
契約者貸付制度とは?保険でお金が借りられる?仕組みと注意点は? 契約者貸付制度とは?保険でお金が借りられる?仕組みと注意点は?
保険のなかには解約返戻金を担保にしてお金を融資してもらえる契約者貸付制度という制度があります。保険料の支払いが難しい状況になったときでも、契約者貸付制度を利用すれば保険を解約することなく、保険の保障を維持することができ、必要なお金を解約返戻金から借りられます。契約者貸付制度の仕組みや注意点などについて解説していきます。
2020/11/13
ホーム 医療保険の基礎知識 付加給付(付加給付制度)とは?仕組みや金額、注意点を医療保険の加入前に確認しよう
\ 人気の医療保険をまとめて比較・資料請求 最新の医療保険人気ランキングをチェック