差額ベッド代とは?医療費控除の対象になる?入院費を安く抑えるポイントは?

最終更新日:2021/07/26

日本には公的な医療保険制度があるので主な医療費は現役世代ならば3割負担ですみます。しかし、病気や怪我で入院したときに個室を希望したときなどには差額ベッド代が発生して自己負担になります。差額ベッド代とはどんな費用なのか。支払わなくてもよいケースについてや、差額ベッド代の相場などについて解説します。

差額ベッド代とは?

病気や怪我で入院したり手術を受けた際の医療費、日本には公的な医療保険があるので働いている現役世代ならば自己負担額は3割となっています。

ただし、なかには公的な医療保険の適用範囲外の費用があり、その費用は自己負担になります。自己負担になる費用の一つに差額ベッド代があります。正式名称を「差額室料」と呼び、入院時に個室を希望した場合にかかるもの。一人あたりに割り当てられる療養環境が整うために別途料金が発生します。差額ベッド代について見ていきましょう。

差額ベッド代の要件

差額ベッド代がかかる病室は「特別療養環境室(特別室)」という正式名称があります。
この特別室は、厚生労働省によって4つの要件を満たす必要があり、その要件とは、病室の病床数が4床以下であること、病室の面積が一人あたり6.4平方メートル委譲、ベットごとにプライバシーを確保する室説があること、個人用の私物収容設備・証明・小机・椅子があることです。
治療にあたってプライバシーを確保したい場合や、快適な環境で療養したい場合には、差額ベッド代を支払い特別室に入院するとよいでしょう。

差額ベッド代がかかる特別室を病院に設置できる割合は決まっている

差額ベッド代がかかる、各病院が設置できる特別室の数は厚生労働省によって上限が定められています。
全ベッド数の5割までで、国が開設する病院の場合には2割まで、地方公共団体が開設する病院の場合には3割までとなっています。

分類全体に占める割合
1人部屋13.7%
2人部屋3.4%
3人部屋0.4%
4人部屋2.9%
合計20.5%

※出展「2018年(平成30年)11月厚生労働省の中央社会保険医療協議会、第401回総会の議事次第」

2018年(平成30年)11月に行われた厚生労働省の中央社会保険医療協議会、第401回総会の議事次第によれば、すべての総病床数における一人部屋は13.7%、2人部屋3.4%。3人部屋は0.4%、4人部屋は2.9%となっており、全体の病床の約20.5%となっています。
この20%の部屋に入院したい場合には差額ベッド代がかかります。

差額ベッド代がかかる条件

特別室を利用したからといって必ずしも差額ベッド代がかかるわけではありません。
差額ベッド代がかかる場合は、患者が事前に十分な説明を受けた上で特別室を希望した場合や、病院から渡された同意書に署名した上で特別室に入院をした場合となっています。

差額ベッド代は公的医療保険制度の適用外

差額ベッド代は公的な医療保険制度の適応範囲外になっています。
そもそも日本には公的な医療保険があるので、働いている現役世代の医療費の自己負担は3割となっており、また、公的な医療費制度には高額医療費制度もあり、月収が28万~50万円前後の方は月の医療費は8万円程度に収まるようになっています。
しかし、特別室に入院した場合には公的医療保険制度の適応外なのでこの差額ベッド代が別途自己負担としてかかってくるのです。

差額ベッド代を支払わなくてよいケースとは?

特別室に入院しても差額ベッド代を払わなくてもよいケースがいくつかあります。それぞれのケースについて見ていきましょう。

同意書による確認が行われなかった場合

病院から同意書による確認が行われずに特別室に入院した場合には差額ベッド代を支払う必要はありません。
あらかじめ同意書にサインをしていることが必要であり、また、仮に同意書にサインをしていても病院からの説明が不十分で、差額ベッド代の記載がない場合には病院側は差額ベッド代を請求できません。

治療上の都合で特別室に入室した場合

治療上の都合で特別室が必要と医師が判断して特別室に入院した場合には、差額ベッド代の支払いは必要ありません。

治療上の都合で必要になるのは、救急患者や手術後の患者で病床が重篤なために安静を必要としていたり、常時監視が必要で適時適切な介護や介助が必要とする場合や、免疫力が低下しており感染症にかかる可能性があったり、集中治療を必要として著しい身体的・精神的苦痛を緩和する必要がある終末期の場合、後天性免疫不全症候群の病原体に感染している場合などです。

病院側の都合で特別室に入室した場合

病院側の都合で特別室に入院した場合も差額ベッド代を支払う必要はありません。
例えば、感染症の患者で院内感染を防ぐためなど、病棟管理の必要性から特別室に入院した場合などです。

差額ベッド代の相場は?

特別室に入院した場合の差額ベッド代はどの程度かかるのでしょうか?
差額ベッド代の相場について見ていきましょう。

差額ベッド代の平均額

差額ベッド代がかかる特別室には、1人部屋から4人部屋まであり、1人部屋なのか4人部屋に入室したかによっても金額は変わってきます。
また、差額ベッド代は病院側が自由に設定できるために、最低金額と最高金額には変わってきます。

分類1日あたりの差額ベッド代(平均)
1人部屋7,837円
2人部屋3,119円
3人部屋2,798円
4人部屋2,440円

※出展「2018年(平成30年)11月厚生労働省の中央社会保険医療協議会、第401回総会の議事次第」

2018年(平成30年)11月厚生労働省の中央社会保険医療協議会、第401回総会の議事次第によると、1人部屋の差額ベッド代は1日あたり7800円程度、2人部屋は3100円程度、3人部屋では2700円程度、4人部屋で2400円程度となっています。特別室の最高額は37万円ほど、最低額は50円となっています。
平均では1日あたり6000円前後かかるとなっています。

病気によっても入院日数は変わりますが、がんの平均入院日数は17日ほど、高血圧性疾患は30日ほど、心疾患は20日ほど、脳血管系疾患は80日ほどになります。
これらの病気にかかって入院して差額ベッド代がかかる場合、がんの場合、10万円ほど、高血圧性疾患は18万円ほど、心疾患は12万円ほど、脳血管系疾患は48万円ほどがかかると認識しておきましょう。

病院によって差額ベッド代は異なる

差額ベッド代の値段は、病院の運営元がどこかによってさまざまな値段が付けられています。

分類私立大学病院企業系列の病院民間の総合病院
特別個室3万5000円~8万円3万8000円~12万円
一般個室6000円~3万円2万5000円1万9440円~3万2400円
2人部屋1万円~1万2000円8640円
4人部屋6000円0円1000円

※詳細は各医療機関にお問い合わせください

私立大学が運営する病院の場合には特別個室は3万5000円から8万円ほど、一般個室は6000円から3万円ほど、2人部屋では1万円前後、4人部屋で6000円ほどとなっています。
企業系列の病院の場合には特別個室では3万8000円から12万円ほど、一般個室の場合は2万5000円ほど、二人部屋は病床自体が設定されていることが少なく、4人部屋の場合には差額ベッド代はかかりません。
民間の総合病院の場合1人部屋は2万円から3万円ほど、2人部屋は8000円ほど、4人部屋は1000円ほどとなっています。

差額ベッド代の医療費控除

差額ベッド代は税金医療費控除の対象になるのでしょうか?
原則的には差額ベッド代は医療費控除の対象外ではあるものの、場合によっては医療費控除の対象となることもあります。対象となる場合とならない場合について見ていきましょう。

医療費控除の対象にならない場合

差額ベッド代が医療費控除の対象とならないのは、「本人や家族の希望だけで個室に入院した際の差額ベッド代」です。自分の意思で特別室を利用した場合には医療費控除の対象外になることは覚えておきましょう。

医療費控除の対象になる場合

本人や家族が特別室を希望したわけでない場合には医療費控除の対象となると国税庁は見解を示しています。ただし、その場合には差額ベッド代自体が存在しないことになります。
なかには病院都合によって特別室を利用して差額ベッド代を支払うケースもあるのでその場合には医療費控除の対象となります。

差額ベッド代を請求されて困っているときどうすればよい?

差額ベッド代を請求されて困っている方もいるかもしれません。
差額ベッド代は場合によっては支払う必要がないこともあるのでパターンに分けて見ていきましょう。

同意書にサインをしなかった場合

入院時に病院から提示される同意書にサインをしなかった場合には差額ベッド代の請求に同意していないことになります。
病院側は差額ベッド代を請求はできないので、交渉を行い、差額ベッド代についての同意書を提示されたかと、サインをしたかを明確にしましょう。

同意書にサインをした場合

病院から提示された同意書にサインをした場合には差額ベッド代の請求に同意しているので原則的には差額ベッド代を支払う必要性がありますが、特別室を希望しておらず、病院側からの都合で特別室に入院することを求められた場合には交渉の余地があります。
厚生労働省の通知をもとに「本来、差額ベッド代を請求されるケースではなかったのか?」という点が論点になりますので、病院の同意書が厚生労働省の通知違うと思われる場合は各都道府県庁の健康保険医療の窓口や厚生労働省の地方厚生局に相談をしましょう。

トラブルを防ぐポイント

差額ベッド代をめぐるトラブルは未然に防ぎましょう。
同意書にサインをすると差額ベッド代の支払い義務が生じますので、病院からの提示にはしっかり内容を把握して進めましょう。
病院側の事情で特別室での入院でないと入院拒否されてしまうケースの場合には、特別室以外の部屋が空いたら移動したい旨を伝えておくとトラブルを防げます。

差額ベッド代に保険で備える

特別室に入院した際の差額ベッド代は全額自己負担となっており、病気や怪我の療養具合によっては入院日数が長引き、負担が大きくなります。
差額ベッド代に備える場合には医療保険で備えることも考えられ、入院日数に応じて入院給付金を受け取れる医療保険ならば1日平均6000円かかる差額ベッド代の請求に備えられます。
差額ベッド代の平均額を参考に入院給付金の金額を検討するとよいでしょう。

まとめ

病気や怪我で入院して、個室を希望した場合にかかる差額ベッド代。快適な療養生活を送るためには必要なコストになってきます。
差額ベッド代についてしっかりと理解した上で、病気や怪我に備えるために医療保険などを検討しておくと安心できるでしょう。

新着記事

生命保険を解約したらどうなる?デメリットや注意点は?

万が一のときに保障を受けられる生命保険。その生命保険を解約したらどうなるのでしょうか。解約をしたら解約返戻金が支払われることもある一方で、保障は受けられなくなります。生命保険を解約したらどうなるのか、解説していきます。

定期保険と終身保険の違いは?どちらに入るべき?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説

万が一に備える生命保険、そのなかでも定期保険と終身保険など保険商品によって違いがあります。定期保険と終身保険の違いはどんなところにあるのでしょうか。生命保険の定期保険と終身保険の違い、メリットとデメリットをあわせて詳しく解説していきます。

生命保険(死亡保険)とは?どんな種類があるの?それぞれの特徴・注意点をおさえよう

普段、生活しているとなかなか学ぶことのない「生命保険」。生命保険とはどんな金融商品なのでしょうか。生命保険の種類と仕組み、そのポイントについて徹底的に解説していきます。

三大疾病とは?三大疾病保険・特約は必要?不要?

三大疾病とは「がん(悪性新生物)」「心疾患(急性心筋梗塞)」「脳卒中」の3つの病気を総称した呼び名です。三大疾病とはどんな病気か。死亡者数や治療費などのデータから読み解きつつ、保険でどのように備えればいいのかについて解説していきます。

女性保険とは?医療保険との違いは?おすすめの選び方は?

乳がんや子宮頸がんなど女性特有の病気に備える保険に「女性保険」があります。女性保険とはどのような保険なのか。どのようなタイプがあるのか。加入を検討するタイミングや注意点について解説していきます。

養老保険とは?どんな人におすすめ?税金はかかる?メリット・デメリットは?

一定期間、万が一亡くなってしまう事態に備えつつ、その期間を越えて生存していたときには貯蓄として満期保険金が受け取れる養老保険。養老保険のメリット・デメリット、養老保険の税金の考え方や、養老保険はどんな方に向いているのかについて解説していきます。

相談無料!お客さま満足度 97.9% オンライン保険相談