生命保険の 契約・手続き

生命保険を解約したらどうなる?デメリットや注意点は?

万が一のときに保障を受けられる生命保険。その生命保険を解約したらどうなるのでしょうか。解約をしたら解約返戻金が支払われることもある一方で、保障は受けられなくなります。生命保険を解約したらどうなるのか、解説していきます。

保険の自動更新制度とは?乗り換えるべき?契約更新時の注意点とは?

定期保険には満期が設定されていますが、保険によっては自動的に更新される自動更新制度があります。自動更新されると手続きなしで保障を継続することができますが、その反面保険料が高くなったりするデメリットもあります。保険の自動更新制度について解説していきます。

生命保険にかかる税金とは?保険金の受取にも税金はかかる?

万が一のことがあっても大切な家族に保障を残せる生命保険。生命保険の保険金を受け取る際には税金はどの程度かかるのでしょうか。死亡保険金や解約返戻金、年金保険など税金がかかる対象になる保険金についてと、どのような契約形態で誰が受け取ったときに税金がかかるのかを解説します。

保険契約の転換とは?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

保険にはすでに加入している契約の解約返戻金や配当積立を用いて、新しく加入する保険の保険料の一部に当てて新契約に乗り換える転換制度があります。保険の転換について、メリットやデメリットも踏まえて解説していきます。

生命保険料の控除とは?申告方法や計算方法、変更点をまとめて解説

生命保険の保険料を支払っている場合には生命保険料控除を受けることができます。控除を受けることで所得にかかる税金が少なくなり、翌年の住民税の金額なども変わってきます。生命保険料控除について解説していきます。

契約者貸付制度とは?保険でお金が借りられる?仕組みと注意点は?

保険のなかには解約返戻金を担保にしてお金を融資してもらえる契約者貸付制度という制度があります。保険料の支払いが難しい状況になったときでも、契約者貸付制度を利用すれば保険を解約することなく、保険の保障を維持することができ、必要なお金を解約返戻金から借りられます。契約者貸付制度の仕組みや注意点などについて解説していきます。

生命保険の受取人とは?どのように決めるべき?保険金受取時の税金にも注意!

生命保険では保険を契約する契約者と、保険をかけられる被保険者、そして保険金を受け取る受取人を指定する必要があります。保険の受取人に指定できる方には範囲があり、誰でも指定できるわけはありません。生命保険の受取人にはどのような人を指定できるのか。変更方法や注意点などについて詳しく解説していきます。

保険の告知義務とは?どこまで必要?告知義務違反するとどうなる?

生命保険に入る場合には被保険者の健康状態など現在の状況を保険会社に告知しなければならない告知義務があります。この告知義務に違反した場合には、契約が解除されたり、保険料の支払いとなる事態が起こっていても保険料が支払われない可能性もあります。告知義務と告知義務違反について解説していきます。

相談無料!お客さま満足度 97.9% オンライン保険相談